疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆疲れたときの糖分(甘いもの)について

疲れると糖分(甘いもの)が欲しくなりますね。
またイライラやストレスがあるとき、緊張しているときや気持ちが不安定なときも糖分(甘いもの)が欲しくなりますね。

ではなぜ疲れた時には糖分(甘いもの)が欲しくなるのでしょうか。
体が疲れてくると肝臓に蓄えられたグリコーゲンをエネルギー源として使い切ってしまい、ブドウ糖をエネルギー源とします。だから糖分(甘いもの)が欲しくなるわけです。

一方イライラやストレスがあるときなどは、脳は脳内ホルモンのセトロニンを過剰に分泌しそれををやわらげようとします。
その結果セトロニンが少なくなるとそれを体内でつくる指令をだします。

セトロニンは糖分と脂質を摂ることで、体内でつくることができます。
だからイライラやストレスがあるときなどにも糖分(甘いもの)が欲しくなるわけです。

疲れてイライラやストレスがあるときなどは、特に糖分(甘いもの)と脂質が同時に含まれているチョコレートが欲しくなるのはそのためです。

疲れたりイライラやストレスに糖分(甘いもの)が欲しくなるのは体の自然な欲求で、一時的には糖分を摂ればそれから回復できるわけです。

photo11ところが疲れをやわらげるため糖分(甘いもの)を摂りすぎると、肝臓や膵臓に負担がかかったり、血糖値があがり糖尿病の原因にもなります。

また、糖分(甘いもの)は体内の骨組織の中のコラーゲン線維に悪影響をおよぼし、骨密度を下げて骨粗鬆症にもなりかねません。

さらに女性にとって一番重大なことは肌の糖化をおこしたり、ニキビなどの肌荒れで美容にも悪影響があります。

糖化とは体内の過剰な糖分がタンパク質と結合し、この生成物が肌のコラーゲンに害をおよぼし、シワやたるみの原因となってしまいます。

また、この生成物は一度体内に蓄積されるとなかなか体外に排出されにくいやっかいなものだといわれていますので、なおさらですね。

疲れたと感じたときや、イライラやストレスがあるときには、安易に糖分(甘いもの)をとらずに疲れやストレスをやわらげるイミダペプチドドリンクをぜひお試しください。

またイミダペプチドはこの糖化を防いだり、糖化による生成物を体外に排出する抗酸化作用がある成分ですので、疲れをとる以外にダブルの効果が期待できるわけです。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「疲れたときのクエン酸」を読む>>