疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆朝起きたら疲れているについて

朝起きたら疲れていると感じたことはありませんか。
よく睡眠を取ったと思っても、まだ目覚めに頭がすっきりせず、疲労感を感じているときがあります。

私も一時期、不眠症に悩まされたころがありましたが、そのときは疲れの原因はこの不眠症だということがはっきりしていました。

ところが、不眠症が解消しているのに朝起きたら疲れていると感じる日が多くなりました。同僚にこの話をすると、「それは眠りの質が悪いのでは」とのコメントをもらいました。

朝起きてもまだ眠たい、頭がすっきりしないのはおそらく眠りの質が悪いのかも知れません。

寝ている間に見ている夢をはっきり覚えているのは、熟睡をしていないことだといわれています。眠りが深く、質のよい睡眠をとっていると、夢は見ていてもはっきり覚えていないそうです。

質の良い睡眠を取るには、少なくともその日の午後中に眠りに就くことだそうです。つまり夜の12時前には眠りに就くことが大切です。

現代人の生活習慣は、夜遅い食事をしている人が多くなっているそうです。夜遅くに食事を取ると胃の中に残留物が残り、消化しないまま眠りに就くことになります。

photo01睡眠中は消化が悪いため、胃の丈夫な人でも寝ている間に胃の在留物が食道に逆流し、胃のもたれや胸やけになり、熟睡はできないといわれています。

その結果質の良い眠りはできていないと同時に、起きた時に空腹感がないので朝食が取りづらくなり、朝食ヌキだとますます生活習慣が乱れてくるのだそうです。

食事をしてから食べたものを胃が消化するのには、最低3時間は必要だといわれています。消化の悪い肉類などを食べると消化に5時間以上もかかるそうです。

とすれば質のよい睡眠を取るには、最低寝る3時間から5時間前には食事をすませておかなくてはいけないということになります。

生活習慣を整えて質のよい眠りを取ることで、朝起きると感じる疲れが改善されます。

そういえば私もご多分にもれず、夜遅い食事で生活習慣が乱れていたのかも知れません。

質の良い眠りをするもう一つの条件には、部屋をできるだけ真っ暗にすることだそうです。少しでも光がまぶたに当っていると、眼球が刺激され深い眠りに就くことができないそうです。

それに日ごろの運動不足も、質の良い睡眠を取れない原因だそうです。できるだけ運動不足を解消することも必要です。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「寝ても疲れが取れない」を読む>>