疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆疲労を回復する特効薬について

疲労を回復する特効薬といわれるものには、おもに漢方の生薬を主成分にしたものやビタミンやミネラルなどの栄養を補給するもの、クエン酸やATP(アデノシン三リン酸)を成分にしているもの、肝臓の疲れを取る目的のものなど様々あります。

医薬品として販売されている主なものは、滋養強壮のための漢方の生薬、足りない栄養素を補う目的のビタミンやミネラルなどのものが多いようです。

ほかにサプリメントとして販売されているものには、ニンニクやポリフェノールのセサミン、コエンザイムQ10、プラセンタなどを成分にしたものがあります。

ATP(アデノシン三リン酸)とは、ミトコンドリア内でブドウ糖やグリコーゲンを分解するときに生まれる筋肉内のエネルギー源で、この産生をサポートすることで疲労を回復するものです。ただし、即効性はないということなので、ある程度長く続けないと効果は期待できません。

ATP(アデノシン三リン酸)が体内で生まれるときに同時に発生するのが乳酸というものです。クエン酸は、この乳酸を分解する手助けする成分で、疲労回復に役立つようです。

photo6日ごろからお酒をよく飲まれる方は、肝臓の機能が弱ることで疲れが出ていると考えられますので、肝臓を元気にするオルニチンやウコンを成分としたものがあります。

サプリメントの成分も滋養のためのニンニクや、抗酸化作用のポリフェノールが疲労回復にはよいとされ、コエンザイムQ10はエネルギー不足を補う補酵素で老化予防や疲労回復に役立つものです。

また、プラセンタは女性のホルモンバランスの乱れの改善などで知られていますが、自律神経の乱れからくる疲労回復にも効果があるようです。

今回ここでご紹介しているイミダペプチドは、先ほどの疲労回復の医薬品やサプリメントとは、疲労回復に対する考え方がまったくちがう成分です。

それは疲労の原因を栄養不足やエネルギー不足ととらえるのではなく、体内に発生した活性酸素が原因で、これを打ち消す抗酸化作用で疲労を回復するという成分です。

おなじ抗酸化作用があるポリフェノールは体の臓器や筋肉には効果がありますが、血液脳関門がある脳にまで到達しないので、精神的な疲労を回復することはできません。

イミダペプチドは脳細胞まで到達することができ、肉体疲労はもちろんこの精神的な疲労も回復することができます。

また、イミダペプチドは産官学連携プロジェクトで疲労回復の効果が実証された特効薬としてのサプリメントなのです。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「体が疲れにくいサプリメント」を読む>>