疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆疲労回復(疲れを取る)食べ物レシピ|鶏の胸肉で疲れ回避について


疲労回復(疲れを取る)食べ物とレシピをご紹介しましょう

疲労を回復する食べ物で一番最初に思いつくのは豚肉ですね。豚肉には疲労を回復させるビタミンB1がたっぷり含まれています。ビタミンB1は皮膚や粘膜の健康維持にも役立ちます。

ビタミンB1と一緒に取りたいのはその吸収を高めるニンニクエキスです。豚肉とニンニクをいっしょに炒めるとおいしいし、なんとなく力がつきそうなレシピです。

豚肉だけのメニューでは疲労の原因といわれる乳酸が増えるケースもあるそうなので、乳酸を分解するクエン酸も一緒に摂るといいそうです。クエン酸はお酢やトマト、柑橘類に多く含まれています。サラダとしてもう一品つけくわえるのもいいですね。

次にタマネギです。タマネギには硫化アリルといって精神疲労を回復する成分が含まれています。オニオンスライスにしてドレッシングがおすすめのレシピです。

タマネギのスライスは横切りにしてください。空気に20分程度さらすと血液をさらさらにするチオスルフィネートが増えるそうです。

photo3豚肉とニンニク、タマネギとお酢といえば中華メニューの酢豚などができますね。ただしタマネギは炒め過ぎると硫化アリルが少なくなるそうです。

次にポリフェノ―ルがたっぷり含まれた野菜類です。中でも大豆に含まれたレシチンは疲労回復にぴったりです。

大豆にはビタミンEも含まれているので疲れを取る最適の食材です。納豆は酵素たっぷりなので、さらに効果的です。

そしてリコピンが含まれたトマトも疲労を回復するにはいい食材です。トマトには疲労回復のクエン酸もたっぷり含まれています。

最後に疲労回復の切り札的食材が鶏肉です。鶏の胸肉は疲れを回避するには一番の食材です。

ここで紹介しているイミダゾールジペプチドは鶏の胸肉に多く含まれた疲労回復(疲れを取る)の成分で、渡り鳥が1万キロ以上の距離を休むことなく飛び続けられる理由となっている決定的疲労回復食材です。


鶏の胸肉を毎日100g食べると1ヶ月以内に疲労回復効果がでて、疲れが取れるそうです。 また毎日摂り続けることで、疲れも回避できます。それにマグロの尾びれの付け根にもイミダゾールジペプチドがありますので、手に入る方はバター焼きにしてもいいですね。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー