疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆「疲れの正体」とは?について

人によって疲労を感じる原因はさまざまのようです。
肉体労働をしている人や毎日歩きっぱなしの営業マンは、筋肉や関節疲労で、家に帰った時には体がぐったり。

パソコンや経理関係のデスクワークの人は、精神的なストレスで脳の疲労を感じています。
ある調査によると、日本人の3人に1人が半年以上も慢性的に疲れているという結果が出たそうです。

私も若いころは、これほどの「体がクタクタ、ヘトヘト、ぐったり」を感じることはなかったのですが、さすがに激しいスポーツや会社の残業が続いたときにはこんな状態になったことがありました。
その時は、風呂に入ってからイッパイやって熟睡すれば、朝起きた時にはスッキリ!

ところが、最近感じる疲労感は、体を動かしていないのに「体がクタクタ、ヘトヘト、ぐったり」で、睡眠をとっても疲労が回復しない状態です。

肉体疲労と精神疲労は別々の原因でおこると思いませんか?
肉体の疲労は、体がエネルギーを作る時に発生する「乳酸」が一番の原因だということを、いつか教えてもらったことがあります。

だから、この「乳酸」を体内にためないことと、ビタミンB1を摂ることが疲労回復の一番の方法だと思っていました。
photo6ところが最近、疲労を感じるメカニズムに「活性酸素」が深く関わっており、肉体疲労も精神疲労も、疲労感を感じるのは「活性酸素」により傷つけられた細胞が、脳に危険信号を送ることで感じていることが分かってきたそうです。

つまり、「活性酸素」の働きを抑えることで疲労の予防や軽減ができるそうです。

「活性酸素」の働きを抑えるには、「抗酸化作用」をもつ成分が疲労を回復するカギ!?


そうか、いくら栄養になる食べ物を摂ったり、ビタミンサプリを試しても「体がクタクタ、ヘトヘト、ぐったり」がとれないのはこのせいか!と、ようやく納得。

「抗酸化作用」をもつ成分と言えば、ほかにポリフェノールやコエンザイムQ10などたくさんありますが、口から摂取したとき、一番骨格筋への移行が多く、筋組織において強い「抗酸化作用」をもつのが「イミダペプチド」という成分だそうです。

「抗酸化作用」をもつ成分で疲労回復試験を行なった結果、その変化がはっきり確認できたのは、この疲れが取れるサプリメント イミダペプチドだけだったそうです。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「ひどい疲れに効くサプリ」を読む>>