疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆寝ても疲れが取れないについて

寝ても疲れが取れない人は、熟睡(質のいい眠り)をしていない人に多いことは、「朝起きたら疲れている」のページにも書きました。

では、熟睡(質のいい眠り)をしていない本当の理由は何なのかを考えてみましょう。

その理由ひとつに不眠症があります。不眠症の症状にはいろいろありますが、寝る前にいろいろな事が気になってしまい、寝つきが悪いということがあります。

寝る時間になって睡眠を意識しすぎると眠れないこともあります。ただし次のような眠りに入る条件を整えれば自然と眠れるといわれています。

人の体は寝る前には一度内臓などの深部体温が下がります。この体温の降下で眠くなるのだそうです。

ところが、この深部体温は体全体の体温を一度上げることでスムーズに行われるそうです。つまり寝る前にぬるめの風呂にゆっくりつかることで、寝つきが悪いことが改善されます。

ほかに、眠りが浅く、一度寝てから少しの物音でも目が覚めてしまうなどや、夜中に眠りから覚めてしまうと、眠れなくなるなどもあります。

photo10また、もう少し睡眠時間がほしいのに朝早く目覚めてしまうなどの熟睡(質のいい眠り)ができないことがあります。

人の眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠があるといわれています。レムとは急速な眼球運動のことだそうです。

レム睡眠は10分~20分程度で体の休息状態にあり、脳波は起きているのと同じように激しく活動し、眼球も急速に動かしているそうです。

この時は少しの物音では起きないし、夢を見ているのもこの時だそうです。

ノンレム睡眠は脳の休息状態にあり、眠りに入ってから浅い眠りと深い眠りをし、ふたたび浅い眠りをしてからレム睡眠に入るそうです。

この一回のレム睡眠とノンレム睡眠は約90分ごとに繰り返されているそうです。そして、1サイクル終ってノンレム睡眠の眠りが浅くなった時に起きることが、疲れも取れて爽快な気分で起きられるそうです。

この睡眠リズムが狂うことで眠りが浅い、途中で目が覚めるなど熟睡(質のいい眠り)ができていない原因となっています。

生活習慣の乱れや仕事のストレスが続くとこの睡眠リズムが狂いだします。そのほかにトイレが近いことが原因の場合があります。男性の場合前立腺の肥大、女性の場合冷え性で頻尿となっている場合があります。

睡眠障害の原因を早く取り除き、熟睡(質のいい眠り)ができる環境をととのえ、疲労の回復に努めましょう。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「夕方になると感じる疲労」を読む>>