疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆疲れすぎると眠れないについて

疲れすぎると眠れないことがよくあります。仕事で疲れ切っているのに、いざ床に就くとなかなか眠れない、まだ昼間のことが頭から離れないことがよくありますね。

疲れの原因とは?」のページにも紹介しましたが、「疲労感」と「疲労」は別ものという経験をすることがよくあります。

疲労とは実質的に体が疲れていることで、体が酸性になりあちこちの部分で疲弊しています。ところが精神的には疲労感がなく、頭だけが異様に興奮している状態です。

たとえば長期間かけたプロジェクトが軌道に乗り、疲れがピークになっているのに疲れていないと感じている時や、自分の草野球のチームがリーグ優勝した時などがそうです。

達成感や満足感がヘトヘトになっている体の実質的な疲労を打ち消している状態です。

あるいは、今までの日常の生活では経験したことがない心配事が持ち上がり、我を忘れている状態でもこのような興奮状態になり、心配が原因の疲れすぎで眠れないことがあります。

この根本的な理由に、自律神経が関係している場合が多いようです。自律神経には交感神経と副交感神経があることは「自律神経の乱れと疲れについて」のページにも書いています。

photo6こんな時は睡眠時刻になっているにもかかわらず、まちがった疲労感で交感神経が副交感神経より勝っている状態なのです。

体が疲れているわけですから、睡眠による疲労回復が必要です。眠らないと疲労がたまる一方になってしまいます。

このような場合で体を休ませるためには、まず体をリラックスさせることが必要です。平常なら副交感神経が睡眠時間になると睡眠ホルモンのメラトニンを分泌し、メラトニンが体温を下げて眠りたくするのですが、交感神経がそれを妨害しているわけです。

だから、副交感神経が睡眠時間になると分泌する睡眠ホルモンのメラトニンを体内でつくる食べ物を、夕食後に取ることをおすすめします。それは、牛乳とバナナなのです。

牛乳は昔から眠れる飲み物といわれてきましたが、メラトニンの生成にはビタミンB16とマグネシウムが含まれたバナナが必要です。

そして寝る前の準備段階で、ぬるめの風呂にゆっくりつかってください。体を温めることで脳が睡眠に必要な体温を下げる指令をだし、寝つきがよくなるはずです。

なお、この方法は疲れて糖分(甘いもの)を摂りたくなる人の、糖分に対する欲求を抑える効果も有りますので一度お試しください。

それでも眠れない場合、自律神経失調症の可能性があります。おもに生活習慣の乱れがが原因になっていますので、生活習慣を見直すことが必要ではないでしょうか。

そして疲労の根本原因の活性酸素を抑える、イミダペプチドリンクをお飲みください。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「体がだるいと感じる疲れ」を読む>>