疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆だるい疲れは糖化かも?について

最近疲れやすく、体がだるくて肌の調子も悪くなり、ハリがなくなったりくすみがでてきていませんか?

疲れと糖分(甘いもの)の関係は、「疲れたときの糖分(甘いもの)」にも書いていますが、その中に糖化という言葉があります。

糖化とは体内の過剰な糖分でできてしまうタンパク質の劣化のことで、AGEsといいます。年齢とともに起こってくる肌のくすみやたるみは、この肌内部でおこっている糖化が原因ということが最近分かってきました。

そのほか糖化は生活習慣病の原因の動脈硬化が促進され、骨粗鬆症や白内障、アルツハイマー型認知症をも進行してしまいます。

photo11活性酸素による酸化は老化を早めてしまいますが、この糖化も細胞や血管の老化を進行させてしまいます。

しかも糖化が進みAGEsができてしまうと、なかなか体外へ排出されないというやっかいな物質です。

そして酸化と糖化は、お互いに影響されて進行が進むと言われていますので、糖分(甘いもの)をよく食べる方は注意が必要です。

糖化の進行を抑えるには抗酸化作用のある大豆のサポニン、ブドウポリフェノールのほかビタミンB群がありますが、イミダペプチドに含まれているカルノシンが有効です。

だるい疲れを感じた方や肌のおとろえを実感している方は、一度この糖化のことにも気を配ってください。

疲れがでても糖分(甘いもの)はできるだけ控えめにして、疲労回復と糖化予防のためのイミダペプチドドリンクをお試しください。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「朝起きたら疲れている」を読む>>