疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆疲れをとる方法について

疲れはいろんなところから起こってきます。たとえば目の使い過ぎ、肝臓、筋肉、肩や足腰の疲れ、脳の使い過ぎなど、日常の様々な仕事や家事、育児、介護などが原因で起こってきます。

産官学連携プロジェクトの研究」のページにも書いていますが、1999年に厚生労働省が行なった調査によると、約6割の方が日常生活に疲れを感じていたそうです。

また、ある会社が夏本番に実施したアンケートによると、全体の8割以上の方が最近疲れを感じていると答えたそうです。そして、次のような質問に対する回答として

「体の疲れを感じる時は」の質問に対して・・・
1.身体にダルさや倦怠感を感じる時・・・約62%
2.朝なかなか起きられない時・・・約47%
3.日中、眠気がとれない時・・・約46%
4.肩こり・腰が痛む時・・・約39%
5.怒りっぽくなっている時・・・約29%(以下は25%未満の回答)

このアンケートは夏本番に実施されたもので、季節によって多少の変動があると思われますが、一年を通じてこのような理由で疲れを感じているものと考えられます。

「体の疲れの原因は」の質問に対して・・・
1.暑さなど気候の変化・・・約55%%
2.運動不足・基礎体力の低下・・・約42%
3.日中パソコンと向き合う仕事スタイル・・・約20%
4.家族の世話・家事労働・・・19%
5.不規則な生活・・・約18%

photo6夏本番の時期に実施されたものなので、さすがに暑さが原因の疲れを感じている方が多いようですが、2位以下は現在人が一年中抱えている疲労の原因だと考えられます。

そして「疲れを取る方法」の質問に対して・・・

1.睡眠・・・約80%
2.食事・飲酒・・・約41%
3.リラックス・・・約36%
4.運動・・・約13%
5.健康食品・・・約12%

これも夏場の寝苦しさからくる睡眠不足で、睡眠を取ることが一番という回答が多いものの、2位以下の回答は一般的に「疲れを取る方法」と考えている方が多いようです。

この2位の回答の疲労回復食・飲料の具体的な答えは・・・
1.ケーキや和菓子など「甘いお菓子」・・・約42%
2.ビールやチューハイなど「ごくごく飲めるお酒」・・・約39%
3.豚肉・うなぎ・レバーなど「ビタミンBを含む食材・料理」・・・約32%
4.ニンニク・生姜などを使った「スタミナ料理」・・・29%
5.酢・梅干・レモンなど「酸っぱいもの」・・・23.7%

この回答を見ると、疲れを取る方法には、やはり女性は糖分(甘いもの)、男性はお酒が一番と考えてられているようです。

糖分(甘いもの)は糖化による健康や美容への悪影響が心配ですし、お酒も度を過ごすと生活習慣病が心配です。

疲れの根本の原因は、活性酸素により傷つけられた細胞が、脳に危険信号を送ることで感じていることですので、疲れを取る方法には、これを改善するイミダペプチドドリンクからまずお始め下さい。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「疲れがたまる」を読む>>