疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆体が疲れにくいサプリメントについて

サプリメントには疲れにくい(予防する)成分と、疲れを改善する成分があります。

疲れを予防するには体力をつけることが必要です。体力向上には運動能力、免疫力(自然治癒力)、体の調整能力を高めることが大切です。

たんぱく質やアミノ酸は免疫力を高めたり、代謝を促進したり、体の正常なホルモンの分泌を高めたりしますので体力を向上し、疲れを予防します。

体力を向上し疲れを予防するには、たんぱく質やアミノ酸だけでは十分な効果が得られません。ビタミンB群やビタミンCなど各種ビタミン類が必要です。

そのほか免疫力を高めるには、亜鉛、セレン、マグネシウムなどのミネラルや食物繊維が疲れを予防するのに役立ちます。そして、乳酸菌やビフィズス菌などは腸内環境を整え、免疫力が作られる腸内で役立ちます。

そして、イミダペプチドに含まれているアミノ酸の一種であるカルノシンやアンセリンは単なる栄養補給だけではなく、体内の抗酸化作用で疲れにくい体を作ります。

photo12渡り鳥はこの抗酸化作用のもつ成分を体内に持っているからこそ、活性酸素が原因の疲れを予防し、1万キロ以上の距離を休むことなく飛び続けられるのです。

そして、もう一つの疲れを改善する成分があります。たとえば眼精疲労を改善する成分に、ブルーベリーやビルベリーのルテインやβカロテン、DAHやコエンザイムQ10などがあります。

体の活力改善にはニンニクサプリやマカ、高麗ニンジンやオルニチン、DHA、EPA、コエンザイムQ10などは疲れを改善する効果があります。

それ以外に疲れを改善するサプリメントでは、強力な抗酸化作用があるポリフェノールがあります。

ブルーベリーやビルベリーのアントシアニンもそうですが、ゴマのセサミン、大豆のイソフラボン、ウコンのクルクミン、トマトのリコピンは疲れの改善でよく使われるサプリメントの成分です。

そんな成分の中で、体が疲れにくいサプリメントで今一番注目されているのが、イミダゾールジペプチドの成分のカルノシンとアンセリンです。

カルノシンは筋肉の瞬発力を高めたり、疲労改善に役立ち、アンセリンは日常の疲労感を回復する抗疲労作用があり、痛風を予防・改善する効果もあるそうです。

つまりイミダペプチドには疲れにくい(予防する)成分と、疲れを改善する成分が同時に含まれていて、その抗酸化効果が産官学連携プロジェクトの研究で証明されている成分なのです。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「疲れに効果があるサプリメントとは」を読む>>