疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆疲労と乳酸と活性酸素について

私たちの体のエネルギーは、どのように作られているのでしょうか。

エネルギーはおもに筋肉から出ていますが、そのエネルギー源は当然毎日食べる食事の栄養素から作られています。

食べたものは胃で消化されアミノ酸に分解されますが、そこからエネルギー源となるブドウ糖が作られます。

人の細胞組織にはミトコンドリアという小器官があって、さきほどのブドウ糖をATP(アデノシン三リン酸)という物質に変換してエネルギー源として蓄えています。

通常ATP(アデノシン三リン酸)はそのまま使われず、筋肉の収縮によってADP(アデノシン二リン酸)という物質に分解され、熱や力のエネルギーが生まれます。

ブドウ糖が分解されるとき、一緒に生まれるのが乳酸という物質です。この乳酸という物質も、筋肉で作られるエネルギー源のグリコーゲンの原料となります。

photo1以前はこの乳酸が疲労物質と考えられていましたが、最近では「疲労物質とイミダペプチド」にも書いているようにFF(ファティーグ・ファクター)というたんぱく質が疲労物質だということが分かっています。

乳酸が発生した時、筋肉は酸性になるため筋肉疲労を感じてしまいます。代謝が悪く乳酸がグリコーゲンに変換されにくい場合、筋肉疲労が抜けにくくなってしまいます。

ADP(アデノシン二リン酸)という物質がエネルギーに変換される時、酸化すなわち燃焼するわけですから大量の酸素が使われます。一説によると、その酸素の約2%が活性酸素になってしまうそうです。

そうして生まれた活性酸素はミトコンドリアを傷つけ、大切なミトコンドリアのエネルギー産生のなんと約30%も減らしているそうです。

さらに細胞が活性酸素で傷つけられることで、脳に危険信号を送り、疲れを感じるようになるそうです。

イミダペプチドドリンクを飲むと、この活性酸素をその強力な抗酸化作用で打ち消すと同時に、疲労物質のFF(ファティーグ・ファクター)を打ち消す、FR(ファティーグ・リカバー)という物質を体内で増やす働きをもしてくれるのです。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「疲労回復(疲れを取る)食べ物レシピ|鶏の胸肉で疲れ回避」を読む>>