疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆疲れが取れるサプリメント イミダペプチドとはについて

イミダペプチドの正式名は「イミダゾールジペプチド」とよばれます。「イミダゾールジペプチド」が発見されたのは、100年以上前の1900年のことですから、我が国でいうと明治時代のこと。

「イミダゾールジペプチド」という成分は、すべての哺乳類の骨格筋にもありますが、特に鳥類の骨格筋に多く含まれていることが分かったそうです。中でも羽根を動かす胸肉の部分。

つまり、「渡り鳥が1万キロ以上の距離を休むことなく飛び続けられる理由」というのが、ここにあったわけです。ハイ・・・

それと、マグロやカツオなどの魚なら、尾びれの付け根の部分に多く含まれているので、1日に3百キロも休むことなく海の中を回遊することができるわけです。

「イミダゾールジペプチド」。この聞き慣れない言葉を知っている人は少ないと思います。

私も最近になって初めて聞いたわけですが、そのメカニズムは「イミダゾールジペプチド」は、ヒスチジンとアラニンの二つのアミノ酸が結合したペプチドのことで、すぐれた「抗酸化作用」があり、体内では再合成されやすいというのが特長だそうです。

photo3むつかしいことはさておき、この「抗酸化作用」をもつ「イミダゾールジペプチド」を摂ることが、「体がぐったり、ヘトヘト、クタクタ」から解放され、疲れが取れるということか!

この「イミダゾールジペプチド」を食べ物からうまく摂るには、鶏の胸肉をたくさんメニューに入れることらしいです。

それ以外にはマグロやカツオなら尾びれの付け根のところを食べることだそうです。よくマグロのセリで切られているあの尾っぽところです。あの尾っぽがほしいな・・・

鶏なら胸肉を毎日100g食べると1ヶ月以内に抗疲労効果がでて、疲れが取れるそうです。

私の場合、食べ物の好き嫌いが激しいし、毎日鶏の胸肉の同じ食事メニューはイヤだし、マグロの尾っぽだけスーパーでは売ってくれないので、やはりサプリで摂るのがベストのようです。

それに一日1本ドリンクを飲むことで、なにか気分的にも元気になっていくような。気持ちの問題ですけど。元気になるには気持ちも大事です。ハイ・・・

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「疲れが取れるサプリメント イミダペプチドの効能・効果」を読む>>