疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆筋肉の疲労や痛みを改善するには

激しいスポーツや肉体労働をすると、筋肉の疲労や筋肉痛が起こります。しかしいつも激しいスポーツや筋肉労働をしている人はその疲労度や筋肉痛も、していない人にくらべると比較的軽いようです。

体のエネルギーはどのようにして作られているのか、「疲労と乳酸と活性酸素」のページにも書いていますが、エネルギーはブドウ糖が細胞のミトコンドリアという小器官でATP(アデノシン三リン酸)に変換され、それが筋肉の収縮によってADP(アデノシン二リン酸)に変わった時に、熱や力のエネルギーとして使われます。

その時、乳酸という疲労原因物質が作られ、筋肉が酸性になることで筋肉疲労が起こります。この乳酸はグリコーゲンという筋肉のエネルギー源に変換されます。

同じ激しいスポーツや肉体労働をしても、継続してしている人はこの乳酸をグリコーゲンに変えるスピードが早く、乳酸は蓄積されにくくなっています。だから疲れにくく、筋肉の痛みも起こりにくいのです。

そこで、筋肉の疲労や痛みを改善する方法には、乳酸を早く分解するクエン酸を摂ることで解決されます。

photo1また、クエン酸は乳酸の発生を抑制する効果もあり、激しいスポーツや筋肉労働をする前に摂ることで、筋肉疲労を予防することもできます。

ところが筋肉の痛みはその部分に炎症をともない、発熱したり腫れたりし、クエン酸を摂ってもなかなか元には戻らない場合があります。こんな場合、ハップ剤でその部分を冷やすことが先決です。

そして、もう一つの原因にATP(アデノシン三リン酸)がエネルギーを出す時、大量の酸素を使うため活性酸素が発生し、筋肉組織の細胞を傷つけ筋肉疲労や炎症による筋肉痛が発生してしまいます。

この活性酸素の発生は、クエン酸では抑えることができません。そこで抗酸化作用のあるイミダペプチドが必要となります。

イミダペプチドの材料のイミダゾ―ルジペプチドは、渡り鳥が1万キロ以上の距離を休むことなく飛び続けられるという一番の抗疲労成分で、乳酸の発生による筋肉疲労を改善するクエン酸にも比べようのない渡り鳥が進化によって手に入れた究極の成分なのです。

イミダペプチドは筋肉疲労を改善することはもちろん、その抗酸化作用と抗炎症作用により、炎症による筋肉の痛みをやわらげます。

激しいスポーツや筋肉労働の前にイミダペプチドドリンクを摂ることで、エネルギー発生による活性酸素を抑え、筋肉疲労や痛みの発生を予防することもできるのです。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「疲労を回復する特効薬」を読む>>