疲れが取れるサプリメント イミダペプチド

◆産官学連携プロジェクトの研究について

我が国全体で、約55.9%の方々が「体がぐったり、ヘトヘト、クタクタ」で苦しんでいます。

1999年、厚生労働省が名古屋地区の一般地域住民4,000人を対象に「疲労の実態調査」を行なったところ、約6割の方が日常生活で疲労を感じていたそうです。

さらに1/3の方が半年以上続く慢性的な疲労で悩んでおり、その半数の方が慢性疲労のため、日常生活や労働に何らかの支障をきたしていることが判明しました。

5年後の2004年には、大阪地区の一般地域住民を対象に同じ「疲労の実態調査」を再度行なったところ、その結果は1999年の結果とよく似ており、やはり約6割の方が日常生活で疲労を感じているという結果がでました。

photo9ただし、「疲労の質」は環境やストレスが原因で変化しているそうです。

「疲労回復には何が有効か?」というテーマで、2003年に研究費総額15億円を投入した産官学連携プロジェクトがスタートしました。

大阪市立大学など5大学と大阪市、大手食品メーカー、医薬品メーカーなど計18社が参加し、元気の源とイメージされる23種もの食品成分を科学的に検証しました。

その結果、最も疲れが取れるのに有効な結果を出したのが、鶏の胸肉などに含まれる「イミダゾールジペプチド」という成分でした。

この「産官学連携プロジェクト」の研究成果をもとに、「イミダゾールジペプチド」を鶏胸肉から高濃度で抽出し、サプリメントにしたのが疲れが取れるサプリメント イミダペプチドドリンクなのです。

↓疲れが取れるサプリメント「イミダペプチドドリンク」のすごい疲労回復効果を下をクリックし、一度お試しください。

イミダペプチドバナー

次の「疲れが取れるサプリメントイミダペプチドの副作用や安全性は?」を読む>>